パーソナルデザイン「ロマンス」男性は色っぽい♡

Mature ryhthm という屋号の通り、

マチュア男性のパーソナルスタイリングを担当させていただきました

 

本日のお客様は、会社を経営するかたわらで

ジャズシンガーとしてもご活躍の吉田アキヒロ様。

 

吉田アキヒロさんは

子どもの情操教育と楽しさを提供するエデュティメント企業

ありさんプロ(株)を経営しており、

子供向けの楽曲の作曲も手掛けていらっしゃいます。 

 

 

九州(福岡)出身、典型的な九州男児の吉田さんは

もともと外見磨きやファッションにはまるで興味がなく

「外見を気にする男なんてくだらん!」

という価値観だったと言います。

 

 

ですが、ライブでは人前に出てファンを惹きつけなくてはなりません。

そうした思いが頭をよぎり、偶然にも

私のFBをご覧くださって、今回のご縁につながりました

 

ジャズを愛する歴史は長く、20代の頃にはドラマーとしてご活躍。

40代からはシンガーとして、ライブやセッションにも出演。

東京にも時々いらっしゃるそうです。

 

今回、ご依頼の目的は2つでした。

◎舞台に立つ時に、今までと違う自分を見せたい

◎プライベートのカジュアルファッションを知りたい

 

吉田明廣様before

甘~いマスクの吉田さん。

この日は、サックスブルーのシャツに白のパンツ、サングラスに野球帽

というカジュアルファッションでお見えになりました。

 

吉田さんの【パーソナルカラー】は、「クール」です。

「クール」と言えば・・・

 

小泉元首相

小泉元首相が「クール」です。

チャコールグレーのスーツがいつもよくお似合いでしたね。

 

「クール」は「夏」と「冬」、ブルーベースですので

シルバー・プラチナのような硬質で冷たい輝きが似合うタイプです。

 

吉田さんは、黒もお似合いではありますが、

シーズンで言えば「夏」です。

 

なので、この日のボタンダウンシャツ、色はお似合いではありましたが・・・

 

吉田明廣様before全身

半袖というところは惜しいですね

また、ボトムの白のパンツ、色はベストなのですが

もう少しタイトなシルエットの方がカッコイイと思います。

 

シルエットは、きれいめの【I】型を意識していただきたいですね

 

そして、メルマガでも連載している【パーソナルデザイン】は・・・

 

皆さんはおわかりになりますでしょうか。

 

吉田さん、知人・友人には

「フォーマルスーツが似合う」

と、よく言われるそうです。

 

では【グレース】・・・?

いいえ、そうではありません。

 

吉田さんの【パーソナルデザイン】は・・・

 

日本人の一般男性としては(芸能人には多いタイプ)少ない

ロマンス タイプ

でしたよ~

 

・・・って、 がついてしまうところが、ロマンスの特徴。

本当に、色気があるのですよ。

 

ステージでは、シャツにしろ、ジャケットにしろ、

光沢(サテン地)のあるものをお選びください!

と、申しあげました。

 

「ロマンス」タイプと言えば、ミッチーこと、及川光博さん。

彼は、ジーンズやスニーカーを履いたことがないそうですね。

ほとんどが、光沢のあるシャツをお召しになっています。

これも、ロマンスの特徴であります。

 

吉田明廣様after

少し光沢のあるラベンダーブルー色のシャツ。

袖は無造作にまくり上げて・・・

胸元を開けても、イヤらしく見えません。

 

精悍さが出て、カッコいいですね

顔のフレームまで、締まって見えませんか。

 

吉田明廣様after紫

こちらは、少しグレーがかったムーンライトブルーに

ピンク色のパイピングがアクセントのドレスシャツ。

女性ファンが増えそうな甘さがプラスされましたね。

 

「ロマンス」タイプには、パープルやピンクがよく似合います。

 

吉田明廣様afterサングラス

 

サングラス一つで、ちょい悪オヤジの雰囲気が出ましたね~

いやぁ、カッコいいです。

ケビン・コスナーにちょっと似ていませんか?

 

 

吉田さんのご感想です。

これまで、外見を気にする男なんてダメだ!

とずっと思っていました。

正直、今もお洒落に目覚めたとは言えませんが、

すごく楽しい時間でした。大変、勉強にもなりました。

 

「スーツが似合う」と、色々な人から言われるのですが

いざ、プライベートな時のファッションが課題でした。

ジーンズやTシャツといったアイテムを着ると不評で、どうも似合わない。

ステージでは、大体、フォーマルな格好になっちゃうんだけど

スーツばかりじゃ飽きるし、本音を言えば時には

皮ジャンやファッショナブルなジャケットとかトライしてみたいし

ワイルドでちょい悪オヤジ、みたいな雰囲気、出したい、と思ってました。

 

でも、今日初めて「パーソナルデザイン」診断で

自分が「ロマンス」タイプだとわかって、すごく納得しました。

カジュアルすぎるアイテムが似合わない理由もよくわかりました。

 

光沢のある素材で、主役になるシャツを探してみようと思います。

 

吉田さんには、ぜひ、年齢を重ねてもずっと

ロマンスグレーの色男、例えばリチャード・ギアのような・・・

(彼も「ロマンス」タイプです!)

甘さという持ち味を大事に、ファッションを楽しんでいただきたいと思います。

 

楽しい時間をありがとうございました

 

10月には、東京のライブハウスでジャズのステージがあるそうですね。

私も、ぜひ、行かせていただきますね

 

ご縁に感謝いたします。

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】

◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/