お金はエネルギー。他のものに変換されることもある

起業されてる方は、何かと不安が多いかと思います。

あ、もちろん会社員の方も・・・

ずっと安泰なんて、どんな会社でもあり得ないですからね~。

 

今日は、私にしては大変めずらしいテーマ「お金」について

語ってみようと思います。

 

私自身、お金にはそれほど縁のない人生だと思っております

 

私流の「引き寄せの法則」について、これからお話します。

 

人にとって一番切実なのは

死への恐怖

と言われています。

生命体は生まれたからには、生きようという意志を持っていますから

当然のことと言えるでしょう。

 

・仕事を失った時

・災害、その他で安全をおびやかされた時

・孤独にさいなまれている時

 

こうした時に、非常に不安になるのは

その先に死への恐怖があるからです。

 

どよ~んと悩んでいると、その波動が次々と

よくない出来事を引き寄せていきますこ、こわい・・・

 

悩んでいる

どよ~ん・・・⤵

 

私の場合ですが、30代後半くらいに非常に孤独感に苛まれていました。

今思えば、もったいない時間の過ごし方をしていたなぁ

と思うのですが_____

 

一人暮らしには十分すぎる広い住まいに

ほとんど帰ることはなく、

夜中に眠るためだけに家賃を払い続けて・・・

どうにもこうにも孤独でしたね・・・

 

その後、私は一念発起し、すごいエネルギーを出して

仕事をゲットし、マンションを手に入れ

その後、運命の出会いが訪れて結婚したわけです。

 

その後、深い苦しみや悩みとは無縁です。

私にとって一番切実だったのは

たった一人のパートナーに出会えずに生涯1人で生きること

 

私の場合は、パートナーじゃなければダメだったんですね。

 

パートナーは、ビジネス至上主義の真逆にいるタイプで

若い時代、ダンスのために10年間もNYで暮らしていたような人。

結婚当初、私は企業人で比較的稼いでいたので

いざとなれば、私が食べさせてあげよう、って思っていました

(ホントです!)

 

ですが、その後、自分の担当していたプロジェクトがクローズになって

私がその会社にいる意味がなくなりました・・・

そこで、会社にしがみつく、という選択肢はもともとない私は

すっぱりと退職し・・・

それからは、ずいぶんと夫に助けられました。

 

このように、結婚していてもパートナーシップの間の

お金に関する力関係は変わっていくんですよね。

 

私は、前職のDHC在職時と、その後の結婚情報サービス企業での経験で

女性のカウンセリングを何千件と担当しましたが、

「自分が食べさせてもいい」と言った女性には

1人も出会ったことがありません。

 

それだけ、女性が男性に期待する経済力は大きいということです。

経済力は、男性の魅力の大きな部分を占めます

美しさが女性の魅力の大きな部分を占めるのと同じです

 

お金の話に戻りますね。

 

ここに、年収が2000万円の男性がいるとしましょう。

男性の奥さんは専業主婦で、生活費を毎月50万円渡されています。

暮らしにはもちろん不自由はありません。

ご主人は仕事、仕事でたまに休みがあったとしても

接待ゴルフや出張で、家で一緒に過ごすことがまったくありません。

奥さんは、最近、この人と何のために結婚したのだろう、と考えるようになりました。

 

一例ですが、よくある話のような気がします。

 

ここに、年収が300万円の男性がいるとしましょう。

男性の奥さんは、製薬会社に勤めていて、年収は500万円ほどです。

仕事が忙しくて、帰宅はいつも21~22時頃です。

疲れて帰ってくると、料理の得意なご主人の料理がテーブルに並びます。

2人でビールで乾杯し、楽しく食事をし、笑いのあるリラックスした夜を過ごします。

ご主人はマッサージが得意なので、疲れている奥さんの首や肩を

よくマッサージしてくれるそうです。

 

後者の男性は、年収300万円ですが、妻の得ているものは

・料理を作ってもらっている

・マッサージをしてもらっている

・毎日笑いのあるリラックスした時間を過ごしている

 

この時間をお金に換算すると、果たしていくらくらいになるのでしょう。

 

お金は欲しいものや時間を手に入れるためのツールであって

持っているだけで価値を生むものではありません。

つまり

お金=エネルギー

エネルギーですから、年収という数字だけで測れるものではないのです。

 

お金は硬貨や紙幣のことではなく

エネルギーであり、他の価値に変換されるものである

そのことを知っていると、生きるのが少し楽になるのではないでしょうか。

 

実際、私はこれまでに一番年収が高かった時代は

ひたすら孤独で、すごくストレスがありました

 

 

奈保ノーメイク1

 

 

都会のど真ん中で、

まだまだ成功してるとは言えないけれど好きな仕事ができて

一生のライフワークであるアルゼンチンタンゴを

パートナーである夫と一緒に、高見を目指して追及し

それ以外の時間はいつも笑いながら

大好きな人と一緒に暮らしている幸せを

お金に換算したら、いったいいくらになるだろう・・・・・。

 

自分にとって大事なものは何なのか

人生ってそれを見つける旅なのではないでしょうか。

 

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】
◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/