セラピストさんはビジネス脳が育っていない

本日は、セラピスト起業を目指す方のコンサルティングを行いました。

セラピストを目指す方々の特徴があります。

・とても優しい

・人の役に立ちたい気持ちが強い

当然と言えば、当然ですよね。

 

セラピストの方は、ビジネス脳・経営者マインドが育っていません。

ビジネス脳・経営者マインドに関しては、コチラもお読みくださいませ。

 

人の役に立たない仕事はありません。

お金をいただくからには、すべてが究極のところは人のため、です。

ただ、仕事を選ぶとき、特定の職種に惹かれる、その動機として

人の役に立ちたい気持ちが強い

そういう方は、看護師やセラピストを選ぶ傾向にあります。

人の相談に乗る

ということが好き、という方は

心理カウンセラーや、キャリアカウンセラーを選ぶかもしれません。

 

こうした仕事で起業を目指す場合に

お金のブロックに合うことが多々、あります。

お金は二の次。自分の好きな事ができればいいの

というわけです。

 

私もどちらかというと、そちらの傾向が強かったのでよくわかります。

いえ、元は(子供の頃~20代の頃)稼ぎたい気持ちが強いタイプでした。

その後、お金なんてどうでもいいや~という時期が結構長くあって・・・

 

今はマインドを経営者マインドに変更しました

 

カーキ+紺色

 

 

ビジネス脳・経営者マインド という言葉に関するブロック、ないですか?

 

以前の私にはありました。

「ビジネス」という言葉がキライだったんです。

 

でも、今は抵抗がなくなりました。

どうしてなのか・・・

 

好きなことをしながら、それが仕事になりガツガツしなくても自然にお金が入る

 

それは素晴らしいことです。

以前の私だって、そんなライフスタイルがいいな、と思ってはいました。

でも現実は厳しい

それがわかっていたから、そこに真正面から向き合いたくなかった。

ただ、それだけのことだったのです。

 

好きなことをしながら、それが仕事になりガツガツしなくても自然にお金が入る

 

 

それは、自分のビジネスの仕組みづくりをきちんとすれば可能だということに気が付いたのです。

つまり、それができなければ、絶対に稼ぐことはできないわけです。

仕組みづくりができない

そう、そういう方が多いのだと思います。

だって、セラピストやカウンセラーは別の視点で生きているのだから_____

 

 

今日、コンサルティングを終了した私のお客様は、まだスタート地点に立ったばかり。

末永く、サポートしてまいります

 

 

強み・魅力をブランディングする
こだわりの大人女性のためのサロン【マチュアリズム】

◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/