アドラー心理学的に言えば・・・

学びたいことがあるけれどお金がない。

お金はあるけれど学びたいことがない。

どちらがより幸せでしょうか。

 

私は断ぜん、前者だと思っています。

お金は努力して作ればいい

 

上記に「時間がある/ない」もよく引き合いに出されますが

時間はなんとか作るものだから、問題外。

 

お金は努力で作れるけど「学びたい」欲はお金を積んでも、時間があっても

自身の中から湧き出てくるものだから、どうにもならないです。

学びたいことがない人生は退屈です・・・。

 

このように考えていくと、私にとって「退屈」ほどオソロシイものはない

という言い方もできそうです。

 

アドラー心理学 的に言えば・・・

 

好奇心が旺盛だから学びたいことが次々と出てくる

のではなく、

私にとっては

学ぶことがすなわち生きること

だからこそ、好奇心が旺盛で学びたいものが次々と出てくる。

 

じゃあ、永遠に学び続けるの?

ということになりますよね。

その答えは、こうです。

学びながら、絶えず、アウトプットしていく

 

なんとなく、腑におちてしまったんですね。

 

そこそこのお金持ちになれるチャンスがあったけれど

その状況をいとも簡単に捨てたのは

目の前に新しいチャレンジの場が広がっていたから。

そして何よりも自由を欲していたから。

好奇心

チャレンジ

自由

学び(インプット)

表現(アウトプット)

 

カウンセリングDec.07

 

DHCビューティーサロンでのカウンセリング(2007年頃)

 

カウンセラーは、私にとっては適職(天職かどうかは疑問ですが)。

向いていることは確かです。

カウンセラーという仕事さえも、私にとっては表現の場です。

単に、傾聴と考えたことは一度もありません。

 

イメージコンサルタントは、私のチャンネルの中では

大好きなファッションに関わることのできる

最も好ましい、表現の場であります。

 

マナー講師という仕事の依頼もあります。

好きな仕事の一つです。

 

アドラー心理学 的に言えば・・・

 

「マナーを伝える」ことを重要と考えているから好きなのではなく

きちんとスーツを着る、という場が欲しいからです。

 

〇〇だから△△

という時には、たいていひっくり返すと当たっています。

△△のために〇〇を選んでいるのだ

 

そうすることで、すとん、と腑に落ちます

やってみて下さい。

 

 

香りとファッションの融合___
こだわりの大人女性のためのサロン【マチュアリズム】

◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/