「女神」をファッションに生かすってどうやるの?

●あなたの内面に眠る「女神」をファッションに生かす術
というセミナーを、2月19日に開催します。
詳細は コチラ ご覧くださいね。

「内面の女神をファッションに生かすって具体的にどういうことですか?」
というご質問をいただきましたので、
例を挙げて説明してみたいと思います。

内面に眠る女神
これに関しては、心理的側面から探っていきます。

あなたの中の女神が、たとえばプシュケーだったとしましょう。
プシュケーとは、ギリシャ神話に出てくる女神です。
エロス(=愛のキューピッド)に熱愛されますが、
その美貌に嫉妬した女神アフロディーテの思惑により
大変な試練を与えられます。

が、しかし、プシュケーは様々な生物たちを味方につけて困難を乗越え、
最終的には愛するエロスと結ばれ、女神として迎えられます。

プシュケー
プシュケーは、個人的に、私が大好きな女神なんです。
やっと試練を乗り越えた時に、つい心が緩んで
開けてはいけないと言われていた箱を空けてしまったり
でも、それも恋するエロスに会う前に綺麗にしておかなくちゃ
というけなげな気持ちから生まれた心のゆるみだったりする・・・

アフロディーテが嫉妬するほどの美貌の持ち主でありながら
健気で可愛くて、何しろめちゃ愛されていて、最後はハッピーエンド
いいなぁ、プシュケー

ということで、そんな愛されキャラのプシュケーを持っているあなたなら
それを表現しない手はないでしょう。
たとえ、男まさりのキャリアウーマンであるとしても____。

アイスグレーのセーター
シンプルテクは、デザイン、素材、色にふんわり感を出すこと
衿ぐりが色々変えられるふんわりニット。素材はモヘア&アンゴラ
ベストシーズンカラーがウィンターの人におススメのアイシーグレー

色をピンクにしてみれば、シンプルに愛されキャラ風なのですが
私もそうですが、ウィンタータイプにとって優しい色合いを
作るには、コツがあるんです。

白・黒が似合うウィンターは、基本的にはコントラストタイプなので
優しいベージュトーンやアースカラーは苦手です
一番似合うピンクは、ショッキングピンクやマゼンタ。
なので、モードっぽいピンクになってしまうのですね。

ふんわり柔らかニットの色をアイシーにすることで
不思議な透明感とニッチ感が出るのです。

・・・というような感じ。
少人数セミナーなので、一人一人にフォーカスして
色々なコーディネートのご提案までしちゃいます

魅力にあふれる女神のレクチャーも、しっかり入れています。

ぜひ、ご参加くださいね~

 

香りとファッションの融合___
こだわりの大人女性のためのサロン【マチュアリズム】

◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/