大人のカジュアルはむずかしい

カジュアルファッションでお悩みの女性

案外、多いのではないでしょうか。

ドレスアップの場合も、決して簡単ではありませんが

いざとなれば、プロの手を借りるという方法があります。

でも、カジュアルは・・・

お家ファッションから、ちょっと近所まで、犬のお散歩、自宅近いジムまで、

隣の駅の本屋まで、スーパーへ、コンビニへ、お友達とご近所でカフェ・・・etc.

用途が幅広い上に、自分で考えるしかないから、けっこう悩んじゃうのでは

 

カジュアルがむずかしい理由はね、

●スッピンorナチュラルメイク、無造作ヘアはむずかしい

●カジュアルが似合わないタイプの人がいる

 

主に上記2つの理由からです。

前者は想像がつきますでしょ?

 

加齢とともに、どうしたってスッピンはむずかしい

そして、お顔以上に年齢が出るのが、髪。

無造作なアップヘアは、一歩間違えば単なるオバサンのパサパサヘア。

日頃の念入りなトリートメント、スタイルキープのための努力の有無が

見事に露呈されてしまうわけ

 

紺色セーターDec

 

 

カジュアルが似合わないタイプの人って・・・?

今日のテーマは、これです。

 

実は、私自身、カジュアルは似合わない(というか)

カジュアルにはなりにくいタイプです。

 

チェックのシャツ、コンバースのスニーカー、ダッフルコート

といったアイテムには手を出しません。

 

カジュアルが似合わないタイプの芸能人では、例えば以下のような方々

デヴィ夫人

武田久美子

中山美穂

大地真央

 

しっかりメイクがお似合いのゴージャスタイプの方々ね。

そして、もう一つのタイプは、

黒木メイサ

黒木瞳

真矢みき

君島十和子

 

カテゴライズはしずらいのですが、

エレガントタイプだったり、モードタイプだったりと、

カジュアルの要素がほとんどないタイプの方々です。

 

そのようなタイプの人たちがカジュアルにするときには

どのように装うのか・・・

 

次回も、このテーマで書いてみますね。

 

 

香りとファッションの融合___
こだわりの大人女性のためのサロン【マチュアリズム】

◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/