「パーソナルデザイン」+「パーソナルアクション」セット受講がお勧めの理由

暑い日が続きますが、皆さまお元気でしょうか。

 

今週の土曜日に初めて開講する養成講座

パーソナルデザイン・コンシェルジュ」を控えて

テキスト執筆や、用意などに追われております💦

 

【マチュアリズム】の「パーソナルデザイン」診断は、

これまでにも多くのお客様からのご感想にもあるように

心理学をベースにしてお話を進めています。

特に「パーソナルアクション」まで受けられると、それがよく理解できます。

こちらをセットで受講していただくことを推奨しています。

 

最近、隙間時間を見つけては「行動経済学」についての本を読んでいます。

面白いです

もともと「パーソナルアクション」のセッションは、「行動心理学」をベースに

組み立てているところがあるので・・・共通項があるんです。

 

行動経済学の権威の先生によると

何を美しいと感じるかは主観によるところが大きく、その好みも万別ではあるが

多くの人が「美しい」と感じる人(例えば芸能人など)は、国籍を越えて

ほぼ共通している。

「美しさ」と経済は多くの点で正比例している。

 

という統計結果が出ているそうです。

さらに

美しくなるための努力(化粧品、装飾品、ファッションにお金をかける)や、

多額の費用をかける整形などは、ある程度一時的な満足感は得られるものの、

特に整形に関しては、その痛み、ストレス、高額な費用を払うリスクとはペイしない

 

という結果も出ています。

 

整形という手法では、がらりと変わることは望めない、ということのようですね

 

この世の誰もが望む「美しくなりたい」という願望を叶えるためには

では、どのような方法があるのでしょうか。

興味がありますよねぇ____

 

万人が感じる「美しさ」の基準の中には

全体像

というものがあります。

左右対称という、人の心に安心感を与えるバランスであり、

パーツだけを見るのではなく、全体のバランス、ということが言えます。

 

これは、

その人の持ち味がトータルでバランスが取れている

ということにもつながってきます。

「パーソナルデザイン」と「パーソナルアクション」の両方ともに

その人らしい魅力が表現されていて、バランスが取れている状態

ということです。

 

2018.7.8

 

 

人はマインドにブロックがあると、それらしく振る舞うことができません。

行動に制限がかかるということです。

まず、目の輝きが失われ、目力が生まれません。

表情には曇りが生じます。

言葉には棘が感じられるようになり、余裕が失われます。

 

そうなると、どんなにファッションが素敵でも、その人はやはり

美しくは見えないんですよね・・・。

 

「パーソナルアクション」の担う要素は、とても大きいのです。

 

「パーソナルデザイン」+「パーソナルアクション」のセット受講がおススメですよ~

 

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】
◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/