「こうなりたい私」像がある人とない人の違い

皆さま、こんにちは☀

 

5日ほど、間が空いてのブログです。

本当は毎日アップしたい私にとって、5日空くのは気持ちが悪いです(^^;)。

 

さて、さて・・・

パーソナルデザイン・カウンセリング」と

魅せ方の法則*パーソナルアクション」で忙しく、日々を過ごしております。

 

 

「憧れる女性像がありますか?」あるいは

「目指している/こうなりたい女性像はありますか?」

これは、お客様に必ずお聞きする質問です。

 

その際、お客様の反応は色々です。

好きなタイプの人(例として芸能人など)をさらさらっと2~3人挙げる方、

特に具体的な人は思い浮かばないが、〇〇〇のような人、と答える方、

え~・・・と考え込んでしまって、なかなか答えられない方、など。

 

外見的に好きなタイプをさらさらっと言える方というのは

視覚的にイメージするのが得意な方かもしれません。

思う事があっても、すぐに言葉に出すのが苦手な方もいらっしゃるでしょう。

 

これがいい、悪いということではなく、

「パーソナルデザイン」を知ることで、今後の人生にプラスに生かしやすいのは

「こうなりたい私」像がはっきりとイメージされている方です。

 

先日、資料をご送付させていただいた後に

お客様から、お礼のメッセージをいただきました。

 

とても詩的な表現をされる大人の女性です。

仮にN様としておきましょう。

 

 

資料の内容ですが、とても美しく、具体的なブランドや写真なども掲載されていて非常に参考になります。

実際、好きなブランドも掲載されていて、自分の(おこがましい表現ですが)鑑識眼にも自信を持つことができました。

「アーリーオータム」という表現は、西尾様のオフィスで見せていただいたカラーチャートを見ているうちになんとなく思いつきました。

サマーのスモーキーなブルーベースのパステル調からオータムのわずかに黄色みを帯びたくすんだ色調こそ、

何の迷いもなく私の色と言えるものです。

 

パーソナルスタイリング終了後も、マチュアリズムのブログやメルマガの記事、

西尾様からの丁寧なメールを読ませていただくうちに、

自分のテーマの目鼻が付いてきました。

 

パーソナルカラーの場合は、「晩夏~初秋」

パーソナルデザインについては、「ヨーロピアン・デカダンス&インドシナ・エキゾチック」

 

ええ、自分でもわかっています。

絶世の美女にのみ許される姿を目指そうなんて、あまりに滑稽であることを・・・。

でも、人に笑われようとも、後ろ指さされようとも、

以上を目指して重戦車のように前進してゆきたいと思います。

 

 

このメッセージを読んだ時に、私の脳裏に浮かんだ映像はこんなものでした。

シルクロードin saki kubota

Saki Kubota in Silk Road 久保田早紀さん、往年の名曲「異邦人」に描かれている世界

 

ヨーロッパとアジアを結ぶ大陸的な世界のエキゾチシズム。

 

私も言葉の世界の住人なので、詩的な表現からはすぐに映像が浮かびます。

自身の思いを、感情により近い言葉で紡ぐように表現することは

特別なスキル、才能といってもよく、誰にでもできることではないのかもしれません。

 

言葉にする、映像にする、イメージする_____

憧れの〇〇さんのような、と語った時点で、映像が浮かんでいるわけなので

より鮮やかな映像が、脳裏に浮かんでいることになります。

 

そうした理由で、

「こうなりたい私」像がはっきりとイメージされている方 の方が、

人生に変化を起こしやすいと言えるのです。

 

N様、決して滑稽なんてことはありません

重戦車のように、ぜひ、前進していってください。

ずっと応援しております

 

ぜひ次回は魅せ方の法則*パーソナルアクション」で、お会いしましょうね

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】
◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/