『フェミニン』タイプの憂い・・「女性性」を表現できない

今日は久しぶりに気持ちよく晴れました☀

やっぱり、お天気がよいと気持ちがいいですね~

 

5月19日(土)に空きがあります!

と、ご案内をさせていただきましたが

埋まりましたので、こちらにてお伝えさせていただきますね。

 

また、

ブラックワンピ(裾に刺繍)、差し上げます♪

で、ご案内させていただいたワンピースも、

差し上げる方が決まりました

 

時々、またご案内をさせていただきますね。

 

_*._*._。_*._。

 

昨日、アップしたブログ

PD『フェミニン』に、マインドがついていかないケース

では、反響が多くありました。

ちょうどそれにピタリと当たる『フェミニン』タイプのお客様の声を

同時に、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

自分が持っている自己イメージと人から見たイメージは

やはり異なるのだなぁ、と思いました。

人から見たイメージがわかったことで、対人関係にも応用できそうです。

ファッションを選ぶ時も迷うことが少なりそうです。

 

あやふやなことしか言えない私の話をしっかり聞こうとして下さって

とてもありがたかったです。

はっきりとした受け答えができず、申し訳ありませんでした。

でも、私の中にあるイメージと、人から見たイメージと

どちらも考えて下さったことで、自分でもわからなかった自分の思いが

少し見えてきたような気がします。

 

(そして、その翌日、いただいたメッセージ

 

昨日はお世話になりました。

ハッキリしない返答ばかりでご迷惑をおかけ致しました。

数年前から、話したり声を出すことが思うように出来なくなってしまい、

今回も自分の考えている事を素直に伝えられなかった事が悔やまれます。

沢山聞きたかった事も聞けず・・・( ;∀;)。

それでもどうにか方向性を決められるように、色々考えて頂き嬉しかったです。

短い時間でしたが、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。

西尾様が作ってくださる資料、とても楽しみにしております。

この度は誠に有難う御座いました。

(20代・女性)

 

 

私はこのメールを読んだとき、涙が出そうになりました

 

まだ23歳の若い女性なのに、いったい何があったのだろう、

何があって、自分の思う事を声に出して話したり、伝えることが

できなくなってしまったのか_____と。

 

憂い少女

 

約ひと月ほどかかって、ようやく資料をご送付させて頂いたので

あらためて、お客様のその時の様子を思い出しながら、PCに向かっています。

 

「パーソナルデザイン」が『フェミニン』タイプの女性で

マインドが『フェミニン』的な自分自身を受け入れられないケース。

これまでのセッションでも、時々、そういうケースに遭遇しました。

 

お会いした時に、表情が暗かったり、笑顔が出なかったり

自身の女性らしい外見を受け入れられないのです。

 

本人は女性らしいと思っていないわけです。

思っていないので、そうした表現も自然には出てきません。

どうしてよいかわからないので、たいていの場合、

そっけなくなるか、愛想がなくなるか、無口になります。

 

女性らしい外見というのは

形だけで決まるものではないんですね。

女性としての私が好き

女性としての私を私が受け入れている

というマインドが、女性らしさを醸し出します。

 

ですので、「女としての自分を否定している」気持ちが

どこかにあったり、潜在意識下で

「女に生まれてこなければよかった・・・

という思いがあったりすると

外見と内面とのギャップに違和感を覚えることになります。

 

 

また、20代の若い女性に多いのですが

「女としてじゃなく、1人の人間として見て欲しい」

という気持ちが強いと、

自身の「女性性」を表現するのが憂うつになります

 

 

男性優位社会ですからねぇ・・・

頑張れ女性たち

 

でも、そんな風に悩むのも『フェミニン』タイプの気質かもしれません。

 

『ファッショナブル』、『ワイルド』、『アヴァンギャルド』のように

目的意識の強いPA気質を備えているタイプというのは

そうしたことに悩むことは少ないです。

 

小悪魔的な要素を持つ『アヴァンギャルド』や

天性の恋愛気質である『ロマンス』タイプは

男性の本能を逆手に取って、自分の有利な方へ運びますから・・・

 

「女性らしい儚さ」というのも、自然に表現できれば

大変魅力的です。

これこそ『フェミニン』タイプの真骨頂なのですけどね

 

このように書いていると、ますます

「パーソナルアクション」は面白い、と思います

 

キャラ立ちするためには、やはりPAを研ぎ澄ます必要がありますね。

 

そのためには「マインド」を見つめる必要があるんですよ。

魅せ方の法則・パーソナルアクション」は、

そこに気付くためのセッションとなっています。

 

その先には「PDとPAを統合するマインド」のためのカウンセリングを

ご用意しています。

マッチできなくて悩んでいる方は、もう悩まないでください。

 

最初の一歩は「パーソナルデザイン・カウンセリング」です。

 

読み応えたっぷり!メルマガにも、ぜひご登録くださいませ。

魅せ方はスキルです!あなたの見た目を改善する魅力プロデュース

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】
◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/