「痛いおんな」にならないように・・♡

春らしい、気持ちよい天気☀が続いていますね。

日曜日の朝は、メルマガ配信の日です。

土曜日の夜は、たいてい遅くまでメルマガ執筆に時間を費やしています。

 

パーソナルカラーやP.Dなど、エネルギーを振り絞って書いている

おススメのメルマガです。

まだご登録されていない方は、ぜひ!

 

魅せ方はスキルです!あなたの見た目を改善する魅力プロデュース

 

メルマガに少し書いたのですが、

〇ファッションは誰が何と言おうと、自分の好きなカラー、テイストだけで選ぶ

という方も、いらっしゃると思います。

 

それは否定はしません。

特に、人に迷惑をかけるものではない限り

どんな格好をしようと、それは個々人の自由です。

 

実際のところ、このブログを読んで下さる方は、上記のタイプではなく

「自分に似合う色や形はどういうものだろう?」

「自分の顔型に似合うヘアスタイルは?」

「自分の雰囲気に合うメイクとは?」

ということを、常に探し求めていらっしゃることと思います。

 

2018.4.8-1

似合うヘアスタイル、メイクは一生同じではありません。

日々、アップデートをしていく必要があります

 

 

腰まであるストレートヘアをトレードマークにしている女性を知っています。

 

若い頃は、おそらくとても似合っていたのでしょう。

しかし、アラカン(around 60’s)の彼女には・・・少々、無理があるなぁと

正直なところ、私は思っています。

悲しいかな、男性が薄毛を極度に気にするように

女性は、ある年代から白髪をどのようにケアするべきかに

頭を悩ませるようになります。

 

 

straight longhair

腰まであるストレートのロングヘアを美しく保つのは・・・至難の技

 

毎月のように、白髪の根元染めを繰り返していれば

地肌は大きなダメージを受けますし、

頭皮はぺしゃんこになり、ふんわりとしたコシは望むべくもなく、

後ろから見ると、髪が頭皮にペタンと張り付いてしまって

ちっとも美しく見えないばかりか

 

こう言っては何ですが・・・痛いおんな、そのもの

 

それでも

「私はストレートのロングヘアが好きなのなんか文句ある

 

・・・と、あなたは言えますか?

 

変化を受け入れる

これは、美しくいるためだけではありません。

万物はすべて変化しているのです。

似合わなくなったら、似合うスタイルに変えていく。

これは、美しくいるための鉄則でもあります。

 

引き際が大事

これは、恋愛でも同じことが言えますね。

相手の気持ちが変わったら、それは引くときです。

 

素敵に見せる=似合うスタイルを選ぶことは

社会で生きる上でのコミュニケーションであり

自身の立場を有利に見せる武器でもあります。

 

マイスタイルは、自分本位ではつまらない。

 

マイスタイルは他者も自身も幸せを約束してくれます

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】
◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/