「パーソナルアクション」にはマインドが関係するという気付き

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

やっと春らしくなってきて、桜🌸が開花し始めましたね~。

 

ブログのテーマに「パーソナルアクション」を加えました。

今後、お客様のご感想なども、アップしていきますので

「パーソナルデザイン」同様に、ぜひ、ご興味のある方は

「パーソナルアクション」にも、お目通しくださいね

 

昨日のブログには

パーソナルアクションには大事にしている価値観が反映されている

という、すごく重要なことを書きました。

コチラです。

 

たまたまtwitterを見たら、私の上記のブログに対して

「P.DとP.Aが一致するってことが稀では?

 P.Dは外見で、P.Aは内面だよね?」

というようなコメントが書かれておりました。

 

それは、違います。

「パーソナルアクション」=外側に現れる行動や振る舞い

であって、内面(パーソナリティ)のことではありません。

 

例えば、心で何かを思ったからと言って、それを必ずしも

言葉に出したり、笑顔で答えたりするかどうかは、

その時の場面、シチュエーションによって変わりますよね?

 

内面の価値観が反映されている

・・・って、どういうこと?

この部分については、セッションを実際に受けた方からのご感想がありますので

まずは、そちらをご紹介したいと思います。(許可を得て、原文、そのまま掲載しています)

 

 

ご感想(20代の女性からです)

 

PDとPAの根底にマインドがあり、

その関係性が明らかになったことが、とても意味のあることだったと思います。

 

考えたけれど明確な答えが出なくて、しばらく気持ち悪いと思っていましたが、

帰宅してうだうだしているときに、ポンと閃きました。

それは、人生を“水彩画ではなく油絵のように生きる”ということです。

経験上、水彩画は色選びや筆遣いに失敗したら、修正がしにくいので、とても慎重になっていました。

しかし、油絵でしたら何度でも修正できるし、むしろ重ねたほうが深みが出るので、

描いていて、気楽だな~!と感じていました。

今までは、勉強や課外活動にまい進しすぎて“正解を出さないといけない”

と思う自分が主役で、実際、それで上手くいっていました。

しかし、段々、その自分でも通用しないことが出てきています

(その筆頭として真っ先に思い浮かぶのが“異性との関わり方”です・・・汗)。

そのような現状を踏まえると、必ずしも「正解の道を歩む」ことが人生の使命ではないし、

四角四面に考えすぎて自分を苦しめるくらいなら、

もっとゆるく考えた方が楽しいよな~と感じています。

人生、無理のない範囲で楽しみたいです。

ですので、今後は“油絵的人生”を送る方が性に合っているかもと思います。

あと、自分の言動や他者の言動、社会で起きていることなどに

意味を持たせすぎることも試験的に辞めてみよう!と思いました。

やはり、人間関係は、勉強とは異なり、努力すれば結果が出るということではありません。

ですので、頑張っても結果が出ないことがあることを念頭に過ごし、

一度、思考回路を“ニュートラル”にして、

周りの反応を楽しむくらいの余裕を持ってみようと思います。

 

本日は長時間、私のうだうだタイムにお付き合いくださって、

どうもありがとうございました。

体は疲れているのに、頭は割と冴えているのが相変わらずな感じです。

資料のPDF、とても楽しみにしています!

・・・*._*。・・★ ・・・*._*。・・★

 

 

とても素直な胸の内を、丁寧に書いて下さって

本当にありがとうございます。

 

この方、とても頭の良い女性なんですね。

人生を「水彩画」と「油絵」に例える比喩など、非常にクリエイティブです。

どちらかと言うと、思考タイプと言いますか、

内向的でじっくり物事を考え抜くタイプの女性です。

 

ベロアレースアップ-COLLAGE

(画像はイメージになります)

 

この女性の「パーソナルデザイン」は2種類ありました。

外見は、抜け感のある『キュート』タイプなんですが

同時に『グレース』の持ち味もあり、P.Aにはその両方が出てくるのです。

ご本人の感想でも

水彩画は色選びや筆遣いに失敗したら、修正がしにくいので・・・

とありますように、

この方は、頭がよく、挫折経験がなかったために、失敗をとても恐れて

慎重になり過ぎていたことに、気づいたのです。

すごく大きな気づきですね

 

この方のように、まったく違う持ち味のP.Dを2種類持っている場合、

P.Aはどちらに合わせたらよいの

という疑問が出てくるんですね。

 

これは、お客様を例に出して、ご説明がしにくいので

私の例で、ご説明したいと思います。

 

長くなりますので、次回へ_____。

 

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】
◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/