「パーソナルアクション」を優先した方が良いタイプもある

パーソナルデザイン・カウンセリグ」の後に、お勧めのセッション

魅せ方の法則*パーソナルアクション」のご紹介を開始したところ

この週末に続けて、4件もご予約を頂きました。

皆さま、すごく真剣で嬉しい限りです(´▽`*)。

 

早速、明日、「パーソナルアクション」のセッションがあります。

今日は一日中、セッションで使う資料の作成を行っておりました

 

「パーソナルデザイン」は生まれ持った個性なので、こちらを優先させて

可能な限り、仕草や話し方など、「パーソナルアクション」を合わせていきましょう。

 

・・・と、お話させていただいているのですが・・・

 

今日、資料を作りながら思ったことがあります。

「パーソナルアクション」を優先した方が良い場合もある

ということなんですね。

それは、どういう場合でしょうか???

 

cute-COLLAGE

「パーソナルデザイン」のタイプで言うと『キュート』タイプに多いです。

『キュート』タイプは、「パーソナルデザイン(P.D)と「パーソナルアクション(P.A)」が

マッチしていると、すごく魅力が際立つんですよ

 

昨年、知り合った女性起業家、マユさんという方が、その見本のような方でした。

マユさんのP.Dを分析したブログは コチラ

動きが機敏で、活舌がよく、声には張りがあり、いつも元気な笑顔です

マユさんの周囲には終始たくさんの女性起業家たちが集い

わいわい賑やかで、楽しさが一杯です。

いわゆるやり手!と思うような女性起業家ですね。

 

mayuさんレッド-COLLAGE

 

『キュート』タイプのP.DとP.A が見事にマッチしており

いわゆる『キュート』タイプの魅力が全開になると、

そのキャラに惹かれて、どんどん人が集まって人気者になります。

 

ですが、当然のことながら____そうしたキャラが立っている人は

全体の数パーセントくらいの割合でしかありません。

 

パーソナルデザインが『キュート』タイプの小柄な女性でも、

〇自分のキャラが好きじゃない

〇他のタイプにすごく憧れを持っている

・・・という方の場合、なかなか魅力を引き出すことができません。

 

『キュート』タイプは、陽気、動きが俊敏、行動力がある、好奇心旺盛、声に張りがある

という特徴を持っており、もともとそうした行動特性を持たない、インドア的で静的な人が

こうした「パーソナルアクション」に変えようとしても・・・

それは、かなりむずかしいと言わなければなりません💦

 

私の知人で「パーソナルデザイン」が『グレース』タイプ

「パーソナルアクション」が『キュート』の持ち味を持っている

という女性がおります。

この女性にとって、P.Aを『グレース』に変えることはちょっと無理かなぁ

と思います

かと言って、P.Dを『キュート』にすることはできません。

P.Dは、形を含めて生まれ持っている持ち味で個性ですから。

 

CA

元、CAの彼女は、こんな恰好がとても似合いそうなマナー美人なのです。

 

その場合の対策としては、

P.Aの中で、いくつかのポイントを抑えておくことをアドバイスします。

〇話し方をゆっくりめにする

〇聞き役に回る頻度を高くする

〇噂話、ゴシップなどに躍起にならない

 

できることを少し取り入れるだけで、落ち着いた雰囲気を表現することができます。

 

それでは、生まれ持っての持ち味であるP.Dが『キュート』なのに、

P.Aが違う場合には_____?

 

こちらの方は、少々、難題です

なぜならば・・・自分を受け入れていない可能性が高いのです。

自身の持ち味であるP.Dを受け入れられないのは

自分のことを愛していないから、という場合もあります。

 

また、『キュート』タイプは幅が広いので、

「パーソナルアクション」も、自身のタイプによって

かなり、幅が広いとお考え下さい。

 

P.DとP.Aにギャップがあるなぁ・・・と思う方には

絶対に「パーソナルアクション」のセッションも受けていただきたいです。

 

 

「パーソナルデザイン・カウンセリング」詳細コチラ

「魅せ方の法則*パーソナルアクション」詳細コチラ

 

お申込みが多くなっておりますため、

あらかじめ、P.DとP.Aをセットでお申込していただくのがおススメです

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】
◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/