あなたの思いが【昇華】にまで辿り着きますように___❤

皆さま、こんにちは!

イメージ戦略コンサルタント/魅力プロデューサー

西尾奈保です。

 

2009年に【マチュアリズム】を発足し、イメージコンサルタントとしての活動を開始して

今年で10年目を迎えます

 

子供の頃から、ずっとキャリアウーマンになることを決めていて、

仕事をライフスタイルの中心に据えていたので、

何度も転職をしているものの、何らかの仕事(企業に雇われるという意味での)を

ずっと掛け持ちしてきました。

 

女性なら、誰でも思い当たることがあるかと思うのですが

右肩上がりにお給料が上がり、昇進できる立場の人は、ほんの一握りです。

企業にい続ける限り、人間関係に悩み、理不尽なことに耐えることと縁を切ることはできません。

何よりも、時間に縛られることは一番の苦痛ではないでしょうか

 

これまでの仕事2

 

私は、2010年までは大手化粧品会社の正社員だったのですが、

その後は、ずっと契約や委託、派遣などの形態で

講師職、キャリアカウンセラー、調査・ライターなどの仕事を平行してきました。

完全にフリーランスになることは少し怖かったし、

企業社会とのつながりをどこかで求めていたのかもしれません。

 

ところが、昨年の終盤辺りから、動きが変わってきたのです。

きっかけは「パーソナルデザイン・カウンセリング」を始めたことです。

次々と依頼をいただくようになったのです。

 

そして、遠方のお客様が風の便りを聞いて(?)

カップルで、セルフプロデュースのためにいらしていただくようになりました

この時のレポートを、もうすぐアップしますのでお楽しみに

 

 

今年に入って、そうした外に求める仕事の一切を探すことを辞めました。

自分で主催する仕事でやっていけるという自信を持てるようになりました。

 

いつかは会社を辞めて自分の好きなことで

プチ*起業をしたいなぁ  サロンを立ち上げたいなぁ・・・

と、願っている方、会社員と並行しながら勉強している女性たちは

たくさんいるのだろうな、と想像するのです。

つい、この間までの私と同じように______

 

アドバイスできることがあるとするならば

すごく好きなことは、捨てないで温めておいて

という言葉を投げかけたいです。

 

心理学で【昇華】という用語があります。

私の好きな言葉と概念なので、ご紹介しますね。

そのまま直訳すると

抑圧された欲求や衝動が、社会的・文化的に承認される価値のある

好ましい活動となって発現する防衛機制である

 

防衛機制____?

むずかしいコトバですね。

 

一例を挙げてみますと、

*攻撃性の強い人が、軍人・外科医・格闘家などの職業に就く

というようなことですね。

 

攻撃性の強い人が、外に出て、怒りにまかせて他人をぶん殴ったら・・・

すぐに捕まってしまいますよね。

ですが、ボクサーや格闘技、スポーツ選手になって、オリンピックにまで出場する

そんな選手にまでなれたら、どうでしょう。

その人の特性は、価値のある業績とともに、見事に【昇華】されたということです。

 

太宰治や芥川龍之介などの文豪は、

自身の存在価値を認めるために、平たく言えば、死なないために

必死に作品を書き続けたのだと思います。

自殺という最期を遂げましたが・・・😢

 

こうした営みのことを【昇華】と言います。

 

私自身は

 

子供の頃から、ファッションが大好きで、

好きなお洋服を思う存分、買ってもらうことができなくて

大人になったら、自分の好きな服を全部買うんだ!

・・・って決めた時の切なさを、今でもよく覚えています。

 

 

スイート!

 

そんな自分自身の思いを、大人になってから叶えたんだなぁ

と、思います。

自分自身の生み出したオリジナルにこだわるのも、私らしさです。

 

そう、これも【昇華】なんですよ~。

お客様に喜んでいただき、仕事として成り立っている。

それが世の中に認められているという証になるわけです。

 

そこまで頑張れれば、光が見えてきます

 

そんなあなたを、私は応援しています

 

愛を込めて・・・

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】
◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/