「骨格診断」と「パーソナルデザイン」の違い

皆さま、Merry Christmas!

今年もあとわずかになりましたね。

 

今月は、おかげ様で大忙しの月でした。

特に今週は、7日中、5日間、コンサルティングが入っておりました。

この2~3ヶ月ずっと人気なのは「パーソナルデザイン・カウンセリング」です。

 

「骨格診断を受けたけれど、腑に落ちません」

「骨格診断を受けたけれど、好きなファッションではありません」

「骨格診断を受けたけれど、提案された服は好きじゃないです」

 

・・・というような声を、何人のお客様から聞いたことでしょう

絶対に、来年は「パーソナルデザイン」のテキストを書く

と、強く決意している次第であります。

 

「パーソナルデザイン」にご興味のある方は、とりあえずはメルマガにご登録ください。

毎週、日曜日の朝に配信しています。

大体、1万~13000字くらいのかなりボリュームのある内容です。

毎週、欠かさず読んでいただきますと、かなり勉強できます!

魅せ方はスキルです!あなたの見た目を改善する魅力プロデュース

メルマガはコチラから登録できます。

 

メルマガ登録の方には、最初に情報が届きますし

時々、お得なキャンペーンや、キャンセル枠が出た時に

特別価格でセッションやります!みたいなご案内もメルマガで行います。

 

なので、ぜひ、ご登録くださいね

 

クリスマス23日

 

「骨格診断」と「パーソナルデザイン」の違いとは?

 

お客様にも、時々、質問されます。

「パーソナルデザイン」診断は、基準が骨格ではありません。

なぜ、その人がそのような雰囲気を醸し出すのか、という部分に着目しています。

他の人にはない自分だけの持ち味、個性、魅力は何なのか それを知るために

「パーソナルデザイン」を知ることが有効になる、という考え方です。

個性を知る➡魅力を知る➡ファッションに反映させることができる

という流れなのです。

骨格診断は、すでにある枠に合わせてタイプ分けをして

そこから似合う形や素材感を選ぶ、という考え方です。

だから、100人いたら100通りの個性があるはずの私たちが

その枠にすんなり当てはまるはずがないので

「提案されるファッションが好きじゃない」という矛盾が出てくるのです。

 

好きじゃないファッションを提案されても意味がない

 

と、私は思いますよ。

 

「好き」と「似合う」は違う

ビジネス(成功)のためには「似合う」服を着よう

その考えは、確かにあります。

ですが、本当に似合わないとわかっていれば、当の本人はあきらめがつくものなのです。

「本当に似合う」=「魅力的に映る」わけですから

新しい考えを受け入れ、それがどんどん好きになるものなのです。

そうならないならば、その診断は間違っています。

 

ですから、私自身は「骨格診断」は不十分であり、

個人的には、それを知らなくても全く構わない、と思っています。

実際に、私自身も公式本をじっくり拝読し、診断してみましたが

どうしても、そのタイプに合わないですしね・・・

「ウェーブ」と「ナチュラル」両方の要素があり、まったく参考になりません。

 

そして、ライフスタイルを含めた、お客様の仕事やライフワーク、考え方なども含めて

その人の個性が出来上がっているものなので、それを全く無視した装いというのは

ありえないし、そもそも診断はできない、と思いますね。

 

FUDGE2

 

 

「パーソナルデザイン・カウンセリング」詳細はコチラ

 

お客様のご感想、アップしながら、また、色々と書いていきますので、

お付き合いくださいね。引続き、読んでいただけたら嬉しいです。

拝読して下さる皆さま、ありがとうございます。

 

今宵、素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ🎄

 

 

マイスタイルを確立する魅力プロデュース 【マチュアリズム】
◆Web予約はこちらから
http://mature-rhythm.com/inquiry/